24時間予約受付
ささゆりヘルスクリニック電話番号

免疫細胞療法Immuno-cell Therapy

HOME診療内容免疫細胞療法

免疫細胞療法

免疫細胞療法

当院の免疫細胞療法は、「NK細胞培養」「活性化自己リンパ療法」という技術を使って、がんの予防や再発を防ぐ最新鋭の治療法です。”不治の病”と言われていた”がん”も、近年では様々な治療法が確立され、決して治らない病気ではありません。しかし、その治療法は「手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」など、身体に大きな負担がかかります。
ささゆりヘルスクリニックでは、「がん治療」ではなく、皆様の「がん予防」「再発予防」と健康な生活を願って、これを導入いたしました。将来の生活の安心をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

免疫細胞療法とは?

免疫細胞療法

人間の身体には、体内の異物や非自己細胞を見つけて排除する「免疫」というものが備わっています。「免疫細胞療法」は、患者様の免疫細胞を体内から取り出し、細胞が増殖するのにベストな環境を与えることで、その数と質を最大限まで高めます。そして、その細胞をもう一度体内に戻すことで、がん細胞を排除する「免疫」を高めることで、がんの予防につながるのです。体内に入る細胞は、元々は自分の細胞ですので、抗がん剤治療のような強い副作用のない、身体に優しい治療法といえるでしょう。

リンパ球の役割

NK(ナチュラルキラー)細胞

常にからだの中をパトロールしており、ウィルスに感染した細胞などを発見すると攻撃をしかけます。T細胞とは異なり、他からの指示を必要とせず、単独で外敵や異物を攻撃できるため、「生まれつき(natural)の殺し屋(killer)」という名前が付けられています。

T細胞

ウィルスなどに感染した細胞を見つけて排除する役割を担っています。免疫細胞の働きを総合的に高めることで、免疫機能が働きやすい環境を作る「αβ T細胞療法」と、がん化を始めた細胞を感知し、攻撃を仕掛ける「γδ T細胞療法」があります。

αβ T細胞療法活性化自己リンパ球療法の一つで、免疫細胞の働きを総合的に高める効果があり、免疫機能が働きやすい環境を作る効果もあります。手術後の補助療法として、再発予防効果を示しています。
γδ T細胞療法細菌ウイルスに感染した細胞や、がん化を始めた細胞の変化を素早く感知し攻撃を仕掛ける効果があります。リンパ球の中でも数%しか存在しないγδ細胞を活性化・増殖します。

免疫細胞療法の手順

免疫細胞療法の手順
健康な方 自己治癒力の増強による健康増進
がんやウィルス感染の予防
手術や陽子線治療との併用 がんの再発予防や転移防止
がんに対する免疫力の誘導
化学療法との併用 相乗的作用による治癒効果の増強
化学療法の副作用の軽減
緩和医療との併用 がんの進行遅延
生活の質や病気の予後の改善

免疫検査

NK細胞の年齢による変化

免疫細胞の中でも、NK(ナチュラルキラー)細胞は、腫瘍細胞やウィルス感染細胞を見つけ、攻撃する生体防衛機構の中心的役割を演じています。右図のように、NK細胞は15歳前後でピークを迎え、その後は加齢とともに少なくなっていきます。さらに、一見健康に見える方でも、免疫年齢が実年齢を上回る方は多くいらっしゃいます。「ささゆりヘルスクリニック」では、ご自身の免疫の状態をチェックできる、「免疫検査」も行なっております。ご自身の今の免疫状態を知りたい方、また、免疫療法によってどのような効果が出たのかも、一目で知ることが可能になります。

相談から治療までの流れ

step, 01相談

がんの発症や再発が心配な方、ぜひ当院に一度ご相談ください。

相談

step, 02採血

細胞培養のために、50ccの採血を行います。この血液から免疫細胞を分離し、安全性試験、免疫機能試験を行います。

採血

step, 03細胞培養

採血から2~3週間後に免疫細胞を注入できるように、細胞培養を開始します。高度な技術と経験を持つ、専門の研究施設で培養を行います。

細胞培養

step, 04注入

安全性試験や細胞の品質を管理するための試験を行ったのち、患者様の体内に注入いたします。

注入

細胞培養センター

細胞培養の実施には、法令遵守に加えて、高度な技術と経験、専門の技術者と専門の医療機器、施設や管理システムが必要不可欠です。当院は、これらの高い品質をクリアし、厚労省から許可も得ている「バイオセラピー研究所」に、細胞の培養を委託しております。世界トップクラスの培養技術と実績を誇る、同研究所の安全性試験をクリアした後に、患者様の体内に再び注入されるのです。

細胞培養センター
株式会社バイオセラピー研究所
2004年創業。病院やクリニック等の医療機関への細胞培養の医療支援や、がんの免疫細胞に関わる細胞培養技術の研究開発。2008年からは、脂肪由来幹細胞、歯髄由来幹細胞、未梢血幹細胞、線維芽細胞、ips細胞など、再生医療分野で注目される細胞培養の医療支援や研究開発に取り組んでいる。

料金表

NK(ナチュラルキラー)細胞療法(1投薬)感染症検査、50ml採血、免疫検査(NK活性)
¥300,000(税抜)
αβ細胞療法
¥280,000(税抜)
γδ細胞療法
¥280,000(税抜)
長期細胞凍結保管料
¥25,000(税抜)
初回診察料(完全予約制)
¥10,000(税抜)
肝機能+腎機能検査
¥10,000(税抜)

お問い合わせ

免疫細胞療法に関するご質問やご相談について、
お気軽にお問い合わせください。

メニュー

閉じる